気楽にきいてみよう!

「ジャズってどうも苦手で…」という人はかなりいると思います。音楽自体はカッコイイけど、何か面倒くさそうな雰囲気が出ているのは、マニアが新参者を許さないという空気があるからかと思います。ちょっと前のプロレスと同じような感じですよね?

マニアなオヤジにちょっとでも興味あるなんて言ったら、いかにもかなり難解な講釈垂れてきそうで、いかにも面倒くさい感じですよね。

ある評論家が「ジャズは聴く方にも修業が必要」と評したことがあります。

確かに私自身、聞き始めた時は良く分からない、でも何か興味あるから聞いてみる、そして聞き続けているうちにその良さや楽しさが分かってきたという経緯もあり、その評論家の意見にも納得できる部分もあるのですが、本来音楽ってそういうもんじゃないって気もあります。

そういったマニアックな部分から他の人に「ジャズ好きで聞いてます」って言いづらい雰囲気もあるのです。

同じようなマニアック具合ではアニメファンも過去言いづらい雰囲気のある趣味だったのに、今では裾野を広げて広く受け入れられてますよね。

同じようにジャズも、もっと多くの人たちに聞いてもらい、何となくだけどその楽しさを理解してもらえればもっと市民権を得ることが出来るのではないかと思います。

しかし中々とっつきにくい、興味はあるけどどんなのを聞いたらいいのか分からないという人も多いかと思います。

なので、こういった時これを聞いたら楽しいというようなアルバムを紹介していきたいと思います。まぁ、あくまで個人的意見であり、私も専門家や評論家ではないので、参考程度に考えてください。

今ではyoutubeなどで簡単に聞くことが出来る時代ですから難しく考えないで、まず聞いてみる事!それが一番です。